弁護士に債務整理の依頼をすれば交渉がしやすくなる

  • 債務整理を決断するとき

    • 債務整理つまり借金の法的な整理を行うタイミングは、借金を借金で返済し始めたら一刻も早く弁護士または司法書士に相談して、法的な対応を依頼することが重要です。



      借金を借金で返済しても利息自体は減少しないどころか増えていくだけですので、早く法的に申し立てが出来ればそれだけ早く借金問題から手を引けます。



      弁護士または司法書士が受任つまり債務者から依頼を受けたタイミングで、その日以降の利息計算がいったんはストップすることとなり、借金の総額の計算をし直すことになります。また、この受任通知以降は借金の取り立ては禁止されます。



      万が一借金を督促した場合にあっては、金融機関にせよ消費者金融にせよ業務停止命令等の厳しい罰則を受けることとなり、通常受任通知以降では彼らは督促をしてきません。債務整理を行うことで、借金に追われることない通常の生活を送ることができるようになります。



      借りたものは返すのが原則ではありますが、返せるうちはそれでもよく、むしろすべてを返済するのが通常の道理です。



      ただ、諸事情で返済が出来なくなることはあり得ます。



      その際に借金問題やその返済のために本人や家族を路頭に迷わせることがないように、法的な救済制度が設けられた経緯があります。その制度が債務整理となっているわけですが、その方法はいくつかあり、借金の内容などによっては状況によって取れる方法が変わるために、早く専門家に相談することが大切だということです。

  • 関連リンク